水戸の塾『水戸一高・県立上位高・茨大附属中』合格専門 進学塾プロフェッショナル

徹底的に厳しく・楽しく🎵 未来のプロを育てるために 愛する生徒たちとの格闘の日々を綴っています❗

進プロ小学部は『完全無双❗』

進プロの小学生たちは

 

ごくごく自然に

 

鍛えられている。

 

 

水戸一高附属中や茨大附属中

 

茨城中・江戸川学園取手中・茗渓学園中などの

 

中学受験をするか?』

 

 

それとも

 

『中学受験をせずに

 

そのまま附属中に持ち上がるか?そのまま公立中に進むか?』

 

 

それはどちらでもいい。

 

 

 

どちらにしろ

 

彼らは

 

その後確実に

 

茨城県内の

 

トップ校・上位校に進学するだろう。

 

 

 

 

なぜ

 

そんなことが言えるのか?

 

 

 

 

なぜなら

 

進プロの小学生たちは

 

みんな当たり前に

 

それだけの実力を付けて

 

中学生に上がっていくからだ。

 

 

小学部について

 

特に昨年度からは

 

カリキュラムの内容を

 

中学受験で合格する実力を付けてもらうように一新し、

 

劇的に変化させたことで

 

一気に

 

パワーアップした。

 

(勿論、中学部も毎年パワーアップしていますよ❗)

 

 

その結果、

 

中学受験をする生徒は勿論だが、

 

中学受験をせずにそのまま公立中に進む生徒にも

 

劇的な変化が現れるようになった。

 

(劇的な変化については後述します。)

 

 

だから

 

進プロの小学生たちは

 

普通に考えても

 

そんじょそこらの小学生に

 

ハッキリ言って

 

負ける訳がない❗

 

 

自信を持って

 

断言できるようになった。

 

 

 

 

まずは

 

①『小学校内容プラスアルファ』の問題を

 

何度も何度も繰り返していくことで

 

すべての土台となる

 

「算国理社の基礎基本」をガチガチに固めていく。

 

 

次に

 

②『適性検査問題・受験作文問題』

 

で応用的な知識を充実させながら

 

「記述力・読解力・資料読み取り力」をぐんぐん伸ばす。

 

 

そして

 

③いよいよ『中学入試問題』に挑戦!

 

実際に出題された

 

私立中学入試・国立附属中入試・全国の公立中高一貫校入試

 

の過去問を解きまくることで

 

実戦力・本番力を徹底的に強化させていく。

 

 

小学生のうちに

 

このように

 

様々な問題を通じて

 

頭を使った経験は

 

中学入試だけじゃなく、

 

高校入試や

 

大学入試でも

 

確実に活かされる

 

大きな大きな武器となる。

 

 

 

 

実際に

 

小学部で頑張った生徒たちは

 

その後

 

そのまま公立中に上がっても

 

『学年1位!』

 

 

『学年トップ10!』

 

 

当たり前のように叩き出してくる。

 

 

 

 

その証拠に

 

今回の中間テストで

 

『492点!』

 

『4教科で391点!』

 

を叩き出した生徒は

 

どちらも

 

小学部から在籍している生徒だ。

 

 

学校の先生や塾の先生たちは

 

あまり口には出さないけれど

 

この現実を良~く知っている。

 

 

小学生のうちに

 

しっかり鍛えておいた生徒は

 

何だかんだ言ったって

 

中学生に上がっても

 

やはり強い!

 

ということを。

 

 

 

今日勉強しに来た中学生たちは

 

気付いていたはずだ。

 

 

 土曜日の今日は

 

たとえ授業は無くても

 

中学生たちに交じって

 

一生懸命勉強している小学生が

 

この塾には

 

何人もいる、

 

ということを。

 

 

 

 

 

 

 

だから

 

 

進プロの小学部で鍛えた生徒は

 

 

『✨完全無双✨』

 

 

なんだよ。