「水戸一高・県立上位高・茨大附属中合格専門」進学塾プロフェッショナル

愛する生徒たちとの格闘の日々を綴っています!

合格実績地域NO.1!の進学塾プロフェッショナルが誇る『合格実績&茨城統一テスト・定期テスト成績アップ速報』当時の定期・実力・茨統テストの点数&学年順位&偏差値も、現役進プロ生たちの成績アップ速報もどんどん更新します!見逃さないでー!!(トップ固定記事)

 

 

<2019年 合格実績>

 

水戸第一高校 3名合格

合格者の当時の成績

〇水戸五中 2学期中間 500点満点パーフェクト達成 

〇水戸五中 1学期期末 494点  5連続 学年1位

〇茨城統一テスト 偏差値73 茨城県内1位

 

茨城工業高専 3名合格【100%全員合格】

 合格者の当時の成績

〇国田中 実力 457点 学年1位

〇双葉台中 実力 462点 学年3位

〇水戸五中 2学期中間 465点 学年5位

 

緑岡高校 6名合格【100%全員合格】

合格者の当時の成績

〇水戸五中 実力 学年46位から奇跡の逆転合格!

〇常北中 実力 449点 学年3位

〇国田中 実力 439点 学年4位

〇水戸一中 1学期中間 462点 学年6位

〇水戸一中 実力 423点 学年8位

 

水戸第二高校 4名合格【100%全員合格】

合格者の当時の成績

〇石川中 2学期中間 462点 学年3位

〇水戸一中 実力 学年37位から奇跡の逆転合格!

〇石川中 2学期期末 458点 学年7位

〇水戸一中 実力 433点 学年10位

 

水城SZ【SZ奨学】2名合格

水城SZ【Z奨学】5名合格

茨城高校 4名合格【3年連続100%全員合格】

水城SS【U奨学】7名合格

水城SS【Y奨学】4名合格

常磐大高校【学業特待】6名合格【準特待】合格

水戸啓明 サイエンスフロンティアG1 合格

水戸葵陵 医歯薬SK2 合格


進プロ生の85%が上記高校に合格!

 

茨城中学校 2名合格【100%全員合格】

 

 

<H31・30・29・28・27・26・25・24年 合格実績>

 

≪高校受験≫

 

慶應義塾高校 合格

合格者の当時の成績

〇国田中 2学期期末 454点 学年1位

 

水戸第一高校 19名合格

合格者の当時の成績

〇茨城統一テスト 偏差値74 茨城県内1位

〇茨大附属中 実力 476点 学年5位

〇水戸五中 実力 487点 学年1位

〇水戸二中 2学期中間 492点 学年1位

〇双葉台中 実力 476点 学年1位

〇常北中 2学期期末 491点 学年1位

〇国田中 2学期中間 475点 学年1位

〇那珂二中 実力 483点 学年1位

〇緑岡中 実力 472点 学年3位

〇水戸英宏中 新教研 479点 偏差値73

 

茨城工業高専 13名合格

緑岡高校 22名合格

水戸第二高校 29名合格

日立第一高校 合格

 

水戸桜ノ牧高校 15名合格

水戸第三高校(普通)11名合格

太田第一高校 7名全員合格

江戸川学園取手高校 合格

茗溪学園高校 合格

水城SZ【SZS奨学】合格

水城SZ【SZ奨学】14名合格

水城SZ【Z奨学】17名合格

水戸葵陵 医歯薬【TOP特待】5名合格

水戸啓明 サイエンス・グローバル

【GG特待】2名合格

茨城高校 22名合格

常磐大高校 特進選抜【学業特待】26名合格

 

≪中学受験≫

 

茨城大学教育学部附属中 5名合格

茨城中学校 5名合格

水戸英宏中 6名合格(内 医歯薬1名)

 

☆本当に学力を上げたい方からのご連絡をお待ちしております!☆

 

 

全国の個人塾塾長が集まって

 

SNS上でここでしか聞けない教育情報・塾情報・成績アップ法など

 

いろいろなことを話し合っている爆裂個人塾長座談会。

 

実は

 

皆様も

 

今なら『爆裂個人塾長座談会』閲覧所にご参加できます!

 

(先着定員制のようです。)

 

完全に匿名ですので他の方たちは誰なのか分かりません。

 

 

ママさんたちの教育に関するご質問に

 

海千山千の凄腕塾長たちがズバリお答え致します!!

 

いつでも参加・いつでも退出可能です。

 

 少しでもご興味がおありの方は是非是非(^^♪

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

LINE OPENCHAT

 

「選ばれる奴」になれ❗

2年前に

 

一度お話しさせて頂いたことがある

 

神奈川県の強い個人塾塾長

 

慧真館

 

慧真館|神奈川県小田原市の公立上位校受験専門進学塾

 

 

の岸本先生のTwitterから

 

引用させて頂きました。

 

 

 

 

志望校がなかなか決まらない子って、

 

 

どこか上から目線で

 

 

自分が

 

 

「学校を選ぶもの」

 

 

 

という認識でいる。

 

 

 

 

でも

 

 

 

入試とは

 

 

 

学校から「選ばれる」こと。

 

 

 

早々に志望校が決まってる子は

 

 

その学校に選ばれようと

 

 

 

謙虚に頑張る。

 

 

 

 

その認識の差は

 

 

 

とてつもなく

 

 

とてつもなく

 

 

大きい。

 

 

 

 

 

 

 

毎年毎年

 

受験生を指導していて

 

 

彼らが志望校に悩む気持ちは

 

 

痛いほど良く分かる。

 

 

 

志望校が決まらない原因の

 

 

ほとんどは

 

 

「自信が無い」から。

 

 

もっと言えば

 

 

「自分の点数が微妙」

 

 

だから。

 

 

 

 

ただ

 

自分自身で

 

背水の陣を敷いて

 

 

自分が本当に行きたい

 

第一志望校を

 

絶対に受験する❗

 

 

どんなことがあろうとも

 

絶対に下げない❗

 

 

 

 

 

一旦腹が決まると

 

 

周りが驚嘆するほどの

 

 

努力量

 

 

 

 

劇的な点数の伸びを

 

 

見せ付けてくる。

 

 

 

第一志望校である

 

○○高校の先生たちに

 

 

「キミは

 

   是非とも

 

   ウチに来て欲しい❗」

 

 

 

 

言われる自分に

 

 

なるために。

 

 

『名門公立高校受験 道場』加盟が正式決定しました❗

つい先ほど

 

『名門公立高校受験道場』に加盟させて頂くことが

 

正式に決定致しました❗❗❗

 

 

是非

 

皆様も『名門公立高校受験道場』のHPを

 

ご覧になってみてください。

 

 

公立トップ高校に関する

 

貴重な情報が

 

入手できると思います❗

 

 

meimonkouritsu.com

 

 

 

 

【名門公立高校受験道場について】


大手塾が数の力で多くの合格者数を出している現代。


大手塾は生徒数・教室数と規模の拡大・効率性の追求を
最優先としています。


教室数が増えたり、個別指導の流行したりなど
教師の人数が必要な分、
質は関係なく誰でも指導者にせざるをえず
そして誰でもできる業態にしなければならず
質の悪い・責任感のない大学生中心のアルバイト講師
によって運営されています。


結果、低賃金・長時間労働・タダ働き
ブラック業界の代表になってしまった塾業界。


正社員の離職率も高く、ノウハウやスキルの
積み重ねもなくなってしまっています。


本質的な育成から遠ざかっています。
実は、地元の名門公立高校に人数は多くないが
ガンガン合格させている
超実力派個人塾が多く存在します。


塾長が責任を持って率いる
小規模ながら教育の質を追求し続けている
個人塾。


そんな全国の超実力派個人塾の塾長たちが立ち上がった
名門公立高校受験を突破する為の情報発信型のサイトです。


学生バイト講師陣が中心の大手塾やフランチャイズの塾ではなく
なかなか見つからない本物の個人塾塾長を探し、
最高峰の授業、本物の指導を体験し、名門公立高校合格に向けて
成り上がりましょう!


厳しいながらも成績向上のみならず人間力の向上と
教育・育成の本質をおさえ、結果を出し続けている
塾長とともに!


高校受験は通過点。


一生、輝き続ける真の実力を身につけ合格を勝ち取ろう!


全国模試など全国のライバルとの競争もできます!


大手塾でくすぶっている生徒たちは
是非一度、師範塾の門を叩いてみてください。

 

 

水戸一高などの

 

公立トップ高校を

 

本気で目指したい方

 

何卒宜しくお願い致します。m(_ _)m

 

 

ある意味「コントラスト~?」

中学生たちは

 

「期末テスト対策勉強&入試対策勉強。」

 

小学生たちは

 

「入試対策勉強。」

 

 

パラパラとページをめくる音しか聞こえない

 

静寂の中で

 

みんな

 

黙々と

 

勉強に勤しんでいる。

 

 

 

そして

 

塾長はというと

 

 

中学生たちの

 

「自由英作文」「国語作文」「英語長文全訳」

 

 

さらに

 

小学生たちの

 

「入試作文」「面接対策」

 

 

それに加えて

 

1人1人への細かい指導。

 

 

 

思っていた以上に

 

結構てんやわんや。(笑)

 

 

 

それでいい。

 

いや

 

それがいい。

 

 

もうすぐ12月

 

「師走」

 

だしね!

 

 

 

 

今日もやっぱり特訓❗特訓❗

昨日は

 

みんな頑張った。

 

 

そして

 

 

今日も

 

やっぱり

 

特訓❗特訓❗

 

 

だって

 

 

テストの点数を

 

 

少しでも上げたいのなら

 

 

土日の過ごし方が

 

 

最後には

 

かなーり効いてくるからなんだ。

 

 

他の奴らが

 

部活だろうが

 

遊んでいようが

 

キミには何の関係も無い。

 

 

俺たちは

 

俺たちで

 

「我が道」を突き進もう❗

 

 

 

今日の努力は

 

決してキミを裏切らないよ❗

 

 

 

 

壁にぶち当たったとき。【後編】

キミが

 

壁にぶち当たったとき

 

一体どうするのか?

 

 

志望校に合格するためには

 

 

この「点数の壁」を

 

 

何とかして乗り越えないといけない。

 

 

 

但し

 

そう簡単にはこの牙城は崩せない。

 

 

 

今まで指導してきた経験で言うと

 

 

この「点数の壁」を上手く乗り越えた生徒は

 

 

壁なんてあんまり気にせずに

 

 

一気にブチ抜いていった生徒が

 

 

最も多かったように思われる。

 

 

ただ

 

その「ブチ抜く力」が半端ない。

 

 

なんなら

 

壁ごと吹き飛ばす勢いで

 

強烈なタックルを

 

何度も何度も仕掛けて

 

強引に

 

こじ開けていった感じだから。

 

 

 

具体的に言うと

 

最初は

 

壁を越えられなかったとしても

 

 

もう一度

 

今までの答案を念入りにチェックして

 

自分に足りない所を確認した上で

 

原点に立ち返って

 

もう一度

 

基礎基本をガチガチに固めまくっていた。

 

 

何度も何度も

 

ね。

 

 

そうやって

 

無駄な失点を極力減らすように

 

しこたま努力を積み重ねた結果

 

 

ある日

 

 

あっさりと

 

 

壁をブチ抜いていた。

 

 

「基礎基本の徹底」

 

という

 

たった1点に絞り込んで

 

その1点だけに

 

自分の持てるパワーを

 

全て注ぎ込んだからこそ

 

壁を一気にブチ抜けたんだと思う。

 

 

 

もし

 

今キミが

 

 

「点数の壁」にぶち当たっているのなら

 

 

先輩たちを見習って

 

(まるごとパクって笑笑😄)

 

やってみなよ。

 

 

徹底的に。

 

 

 

ある日

 

壁はブチ抜いているから。

 

 

壁なんて

 

 

自分が伸びない言い訳として

 

作り上げた

 

勝手な妄想にしか過ぎなかった

 

 

気付くから。

 

 

 

本当に

 

ブチ抜かなければいけないのは

 

手を抜いてしまった

 

自分自身への甘さだったと

 

気付くから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パパとしての幸せ❤️

今日は、

 

朝から

 

娘の通う幼稚園のイベントに

 

参加する予定でした。

 

 

しかし、

 

0歳の息子が風邪を引いてしまい

 

急遽、お留守番~。

 

 

残念だけれど

 

僕は

 

マスクをしながら

 

息子と楽しく戯れております。(笑)

 

 

というか

 

ギャンギャン泣いてるじゃないかー。笑笑😄

 

 

最近、息子の泣き声が

 

一段とボリュームアップしてきたな~。

 

 

そんな日常も

 

パパとしての幸せ。😌🌸💓

 

 

 

 

 

 

壁にぶち当たったとき。

今現在、

 

 

中3受験生

 

 

1人1人の目の前には

 

 

大きな壁がそびえ立っていることだろう。

 

 

 

400点の壁。

 

 

 

450点の壁。

 

 

 

480点の壁。

 

 

 

越えられそうで

 

 

越えられそうに見えて

 

 

 

なかなか越えられない。

 

 

 

 

テストを

 

 

 

受けても受けても

 

 

思ったような点数が取れない状態が

 

 

 

ずーっと続くと

 

 

 

みんなにとっては

 

 

 

これらの壁が

 

 

 

絶対に越えられない

 

 

 

 

高い壁にしか見えなくなるだろう。

 

 

 

 

その気持ちは

 

 

 

 

痛いほど良く分かるよ。

 

 

 

そんなとき

 

 

キミはどうする?

 

 

一体

 

 

どうやって

 

 

 

この状況を打ち破っていくよ?

 

 

 

キミ自身が

 

 

 

お前自身の底力が

 

 

ここで試されているんだよ。

 

 

 

 

逃げるのか?

 

 

 

諦めるのか?

 

 

 

 

 

それとも・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きは

 

 

この後。