水戸の進学塾『水戸一高・県立上位高・茨大附属中』合格専門 進学塾プロフェッショナル

徹底的に厳しく・楽しく🎵 未来のプロを育てるために 愛する生徒たちとの格闘の日々を綴っています❗

『進学校に入る』ということ。

もしかしたら

 

キミたちは

 

まだ知らないかもしれない。

 

 

なぜなら

 

とにかく

 

進学校に行きたい❗」

 

そのために

 

目の前の勉強を一生懸命頑張っている段階

 

だからだ。

 

 

 

ただ

 

ほんの少ーしだけでいいから

 

知っておいても良いのかもしれない。

 

 

進学校と言われる中学や高校に入る』

 

『その進学校の生徒になる』

 

ということは

 

 

イコール

 

東京一工や医学部や旧帝大・筑波大などの難関国立大学。

 

早慶上智理科大GMARCH等の難関私立大学。

 

茨城大等の国立大学

 

を目指した勉強が毎日待っている

 

 

ということを。

 

 

もしかしたら

 

今の勉強なんかより

 

よっぽど難易度が高く

 

さらに覚える量が多く

 

今以上に大変な毎日が待っている

 

ということなんだ。

 

(進プロ卒業生のキミたちなら良ーく分かるよね?)

 

 

 

だから

 

進学校に入るということは

 

 

ある意味

 

進学校の生徒として

 

それ相応の学力を持った生徒。

 

それ相応の努力ができる生徒。

 

という

 

条件を満たした生徒しか

 

入ることが許されない

 

と思った方がいいかもしれない。

 

 

もし

 

 今の自分では

 

その進学校の生徒としては

 

まだまだ足りない。

 

 

 

 

思うのならば

 

 

その進学校の生徒として

 

毎日相応しい努力を積み重ねて

 

 

その進学校の生徒として

 

相応しい学力を身に付けるんだ。

 

何が何でも。

 

 

 

 

このような

 

進学校の現実を

 

本当に

 

肝に命じている生徒なら

 

自分が目指すべき進学校には

 

普通に

 

合格できるはずだ。

 

 

 

 

そうでなければ

 

キミの行きたい進学校の合格は

 

時間が経つにつれて

 

どんどん遠のいていってしまう。

 

 

 

それが

 

 

進学校進学校たる所以

 

 

なんだよ。

 

 

 

 

それと同時に

 

 

 

僕らの塾は

 

進学校合格』の為の養成機関

 

だから

 

『進学塾』プロフェッショナル

 

 

なんだよ。