水戸の塾『水戸一高・県立上位高・茨大附属中』合格専門 進学塾プロフェッショナル

徹底的に厳しく・楽しく🎵 未来のプロを育てるために 愛する生徒たちとの格闘の日々を綴っています❗

成績アップのカギは『レベチ☺️』

本当に

 

トップオブトップの生徒から

 

基礎基本が完全にすっぽ抜けていた生徒まで

 

多種多様な成績の生徒を

 

指導してきたことで

 

 

こと勉強に関しては、

 

伸びる、伸びない

 

ということが

 

ある程度分かってきた部分もある。

 

 

では

 

どうすれば

 

成績は伸びてくるのか?

 

 

 

 

 

その答えの1つ

 

として

 

 

 

『レベチ』

 

になれば伸びる。

 

 

と言えると思う。

 

 

 

進学塾プロフェッショナルの生徒は

 

基本的に

 

「頑張り屋の生徒」がほとんどだ。

 

 

この塾は

 

普通に頑張ることが

 

当たり前にシステム化されているから

 

 

生徒たちを見ていても 

 

努力することに

 

それほどの抵抗感や

 

躊躇いは無い

 

と感じる。

 

 

 

そう考えると

 

進学塾プロフェッショナルの場合、

 

入塾前と入塾後で

 

ほとんどの生徒が

 

明らかに成績を伸ばしてくるのは

 

 

ある意味

 

「自明の理」

 

なのかもしれない。

 

(自分で言うのもなんですが)

 

 

 

ただ

 

成績を

 

『本当にしっかりと伸ばしてくる生徒』

 

 

塾生の中でも

 

 

 

圧倒的に

 

『レベチの努力』

 

をしてくる。

 

 

 

 

圧倒的に、

 

だ。

 

 

そういった生徒は

 

努力量を桁違いに増やしていくことで

 

勉強法も

 

自然と変わってくるようだ。

 

 

 

『レベチ』を経験すると

 

効率良い勉強法

 

 

効率良い暗記法

 

も身に付いてくる等 

 

色々な相乗効果もあるのだと思う。

 

 

 

ただ中には

 

レベチ、

 

なんて

 

自分にはできない・・・。

 

ウチの子には無理・・・。

 

 

半ば諦めて人もいるかもしれない。

 

 

 

 

そういった人にも

 

僕は言い切れます。 

 

 

 

何故なら

 

進学塾プロフェッショナルには

 

 

定期テストで入塾前に

 

350点だった生徒が

 

入塾後

 

→480点❗

 

を越えて

 

水戸一高に合格した生徒。

 

 

 

実力テストで入塾前に

 

 

学年60位だった生徒が

 

入塾後

 

→学年2位❗

 

にまで登り詰めて

 

水戸一高に合格した生徒。

 

 

 

 

入塾前に別の塾で受けていた

 

育伸社の学力テストや茨城統一テストでは

 

 

偏差値50台だった生徒が

 

入塾後

 

育伸社の学力テストや茨城統一テストで

 

 

→偏差値70❗

 

に伸ばして

 

水戸一高に合格した生徒。

 

 

 

 

 

 

いるからです。

 

 

 

他にも

 

三者面談で厳しい旨伝えられた生徒が

 

大逆転で

 

 

茨城高専

 

緑岡

 

水戸二高

 

に合格をもぎ取った生徒

 

が多数います。

 

 

 

 

僕は

 

彼らが

 

『レベチの努力』

 

をするように変わってきた姿を

 

毎日

 

間近で見てきたからこそ

 

 

そう

 

自信を持って言い切れる

 

のかもしれません。☺️

 

 

 

つまり

 

できるできない  

 

じゃない、

 

 

やるかやらないか

 

なんですよね。