水戸の塾『水戸一高・県立上位高・茨大附属中』合格専門 進学塾プロフェッショナル

徹底的に厳しく・楽しく🎵 未来のプロを育てるために 愛する生徒たちとの格闘の日々を綴っています❗

『未来のプロ』を育てる。

進プロは

 

このブログや

 

看板にもデカデカと

 

冠名に書いてある通り

 

 

中学生には

 

水戸一高

 

『県立上位高』

 

 

小学生には

 

水戸一高附属中』

 

『茨大附属中』

 

 

の上位合格を目指す

 

 

『進学塾』

 

だ。

 

 

そりゃ、

 

厳しい所もあるよ。

 

 

ただ

 

一生懸命やっている生徒にとっては

 

別に普通

 

なのかもしれないけれど。

 

 

だって

 

マジで上位合格を達成したいんだから

 

頑張るのが当たり前なんだろうね。

 

 

ただ

 

本当の進プロは

 

「厳しいだけ」

 

じゃーないんだけれどね❤️

 

 

なかなか

 

表には伝わっていないんだろうなー。

 

 

実は

 

僕が

 

意図的に

 

そのように

 

情報操作をしているからなんだけど。

 

シメシメ😎

 

してやったり😎

 

 

だって

 

努力はしたくないけれど

 

とりあえず合格したいんです。

 

 

生徒も保護者も

 

目標も無いし

 

やる気すら

 

全く無いけど

 

とりあえず成績を伸ばして欲しい。

 

 

なんて

 

不可能でしょ?

 

 

 

なんかの超裏技や

 

超強引なテクニック

 

なんかを使って

 

意図的に瞬間最大風速を作り出して

 

一旦

 

とりあえず高得点を取らせることは

 

できるかもしれない。

 

 

でも

 

本当の学力でも何でもないから

 

またすぐに点数が戻ってしまうし

 

なんなら

 

以前よりどんどん点数が下がってしまう危険性もある。

 

 

それじゃ

 

何の意味も無い。

 

 

集中してみんなが頑張っている環境で

 

しっかりとした努力を積み重ねて

 

自分自身の力で点数を伸ばす能力

 

を身に付けて貰う。

 

 

その結果として

 

志望校の上位合格を

 

きっちり勝ち取って貰う。

 

 

こう考えると

 

もしかしたら

 

合格なんて

 

オマケ程度にしか過ぎないのかもしれない。

 

 

この塾で

 

本気で努力した経験が

 

合格後

 

必ず活きるときが来る。

 

間違いなく。

 

そう言っている

 

俺自身がまさしくそうだったから。

 

 

 

だから

 

ウチの塾の看板には

 

こう書いてあるんだ。

 

 

『徹底的に厳しく・楽しく』

 

『未来のプロを育てる』

 

と。

 

 

ウチの塾生には

 

最後の最後まで

 

頑張り抜くことで

 

努力を継続できる力と

 

粘り強いメンタルを

 

同時に手に入れて貰いたい。

 

その結果

 

将来どの世界に進んでも

 

「その道のプロフェッショナル」

 

として

 

いっぱしに飯を食えるようになって貰いたい。

 

その道でしっかり活躍できる人材になって貰いたい。

 

 

この令和の時代に

 

そんなことを言って

 

非常に青臭いのかもしれないけれど

 

 

水戸市内に

 

そんな青臭いことを

 

本気で考えている

 

進学塾が

 

1つくらいあったって

 

いいですよね?