水戸の塾『水戸一高・県立上位高・茨大附属中』合格専門 進学塾プロフェッショナル

徹底的に厳しく・楽しく🎵 未来のプロを育てるために 愛する生徒たちとの格闘の日々を綴っています❗

土曜特訓の効果は絶大❗

中3生たちが

 

毎週、

 

土曜合格特訓で行っている予想模試は

 

本当に簡単じゃない、

 

と思う。

 

 

それは

 

全て

 

「入試本番で勝つ為に」

 

考えたものだ。

 

 

 

 

 

 

 

まず、

 

①制限時間が短い。

 

 

特に

 

英語・国語・数学は

 

制限時間が10分短いだけで

 

掛かる負荷が

 

明らかに変わる。

 

 

 

 

進プロ生たちは

 

何度も何度も受け続けているから

 

最近は

 

かなり慣れてきたように感じる。

 

 

 

ただ、国語の試験では

 

残り5分前になると

 

シャーペンの

 

カリカカリカリ・・・

 

という音が

 

一層強く響き渡る。

 

 

 

 

次に、

 

②5科目ノンストップ。

 

 

 

勿論、トイレはいつでも自由に

 

行っても大丈夫だが、

 

その間も

 

試験時間は

 

刻一刻と過ぎていく。

 

(本番でも十分あり得る状況だ。)

 

 

 

そして

 

各科目終了後も

 

休憩時間無しで

 

即、次の科目に移ることで

 

 

普段の勉強以上に焦りと緊張感がある

 

入試本番で

 

必要になってくる

 

絶対的な

 

「試験体力」を付けてもらう。

 

 

 

 

そして、

 

最後に

 

③採点基準が厳しい。

 

 

 

 

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが

 

茨城県立高校入試は

 

ここ最近

 

記述量と作文量が一気に増大している。

 

 

 

 

今回の中3生たちが受験する

 

県立入試では

 

さらに記述量が増えることだって

 

十分あり得る。

 

 

 

 

さらに言えば

 

記述問題や英作文・作文は

 

配点が高い。

 

 

 

 

例えば

 

今年の県立入試の英語で出題された

 

最後の自由英作文は

 

なんと

 

「12点」だった。

 

 

 

 

そうなると

 

採点基準が各高校によってまちまちな

 

 

記述問題の出来

 

 

英作文や作文の出来

 

 

合否を分ける可能性がすこぶる高い。

 

 

 

 

そこで

 

記述や英作文・作文の採点基準を

 

あえて厳しく行うことで

 

 

進プロ受験生たちには

 

普段から

 

記述問題と英作文・作文について

 

意識して勉強してもらうようにしている。

 

 

 

僕が

 

毎日欠かさず

 

さらに塾が休みの日も

 

 

毎日のように生徒が書いてくる

 

英作文や作文を

 

LINEも駆使しながら

 

バンバン添削しているのも

 

そういった理由からだ。

 

 

 

 

 

このような

 

努力と工夫の結果、

 

今年

 

水戸一高

 

上位で合格をもぎ取った生徒は

 

 

土曜特訓の予想模試では

 

国語は

 

何回も70点台を取っていたのに、

 

県立入試本番では

 

水戸一高の先生たちの採点で

 

国語「91点」

 

 

叩き出してきた。

 

(当の本人が一番ビックリしていたが。)

 

 

こういった理由から

 

毎週行う

 

土曜特訓の「県立私立予想模試」で

 

高得点を取れる生徒は

 

本当に強い、

 

 

僕は自信を持って

 

断言できる。

 

 

進プロ生のみんなも

 

毎週行う

 

予想模試を

 

ペースメーカーとして

 

 

さらに

 

毎週土曜日の予想模試で高得点を取るために

 

そこから逆算して

 

1日1日の勉強量を

 

組み立てていってもらいたい。

 

 

 

僕らは

 

土曜特訓の予想模試を

 

上手く利用しながら

 

入試本番で

 

「爆走」

 

しようぜ❗

 

 

 

 

ちなみに

 

この「爆走❗」という表現は

 

先ほど紹介した水戸一高生が

 

県立入試直前に

 

僕に誓った言葉だ、

 

ということを

 

一応付け加えておきます。