水戸の塾『水戸一高・県立上位高・茨大附属中』合格専門 進学塾プロフェッショナル

徹底的に厳しく・楽しく🎵 未来のプロを育てるために 愛する生徒たちとの格闘の日々を綴っています❗

【小5生】三兎を追う指導。

小学5年生たちには

 

夏休みから

 

小6受験生たちと一緒に

 

 

「日本全国の公立中高一貫校

 

適性検査 算数・理科・社会」

 

 

を解きながら解説授業を聞き、

 

 

 

 

 さらに

 

 

受験作文の書き方を

 

0からマスターしながら

 

塾長添削を

 

受け続けている。

 

 

 

 

そして

 

その後、

 

夏休み前に一度行った

 

「小5全部の単元の

 

算数・理科・社会」

 

 

再度全ての総復習

 

完了した。

 

 

 

その時点で

 

先日の公中検模試で

 

 

水戸一高附属中の合格判定は

 

「B判定」

 

にまで上がってきた。

 

 

 

そして

 

ここ最近は、

 

小6生たちと一緒に

 

 

水戸一高附属中対策

 

茨大附属中対策

 

茗渓学園中・茨城中対策

 

として

 

 

 

難易度が少々高めの

 

「中学受験算数問題」

 

を徹底的に解いて

 

解き方をマスターしながら

 

 

 

面接対策・受験作文対策

 

として

 

受験本番で聞かれる内容

 

について

 

作文を書き、

 

塾長添削を受けている。

 

 

 

5年生たちには

 

早い段階から

 

「1年後の入試を見据えて」

 

 

入試過去問

 

 

受験問題にあたらせることで

 

 

なるべく

 

入試本番に近い内容を

 

取り組んで貰っている。

 

 

 

勿論、

 

最初は難しく大変なこともあると思う。

 

 

 

 

しかし、

 

小6受験生に上がったら

 

やらなければならないことは

 

なるべく早いうちから始めた方が

 

 

 

生徒にとっても

 

結局

 

負担が軽くなる。

 

 

 

 

水戸一高附属中や茨大附属中や

 

私立中を受験する

 

小学6年生

 

 

中学受験を真剣に取り組んだ

 

中1生

 

たちは

 

この方法の大きなメリットを

 

知っているはず。

 

 

 

 

僕らが狙うのは

 

水戸一高附属中

 

 

茨大附属中

 

 

私立中

 

 

全てに合格

 

すること。

 

 

 

進プロ生は

 

中学受験をする以上、

 

どうせなら

 

 

「三兎」

 

全てを追うよ❗