水戸の塾『水戸一高・県立上位高・茨大附属中』合格専門 進学塾プロフェッショナル

徹底的に厳しく・楽しく🎵 未来のプロを育てるために 愛する生徒たちとの格闘の日々を綴っています❗

「進プロ改革」の効果抜群❗

実は、

 

中3土曜合格特訓で行っている

 

「県立入試予想模試」

 

 

相当キツイ状況で受けている。

 

まずは何度も書いてはいるが

 

全科目10分短い時間で受けている。

 

それも休憩無しで。

 

 

その時点で

 

正直かなーりキツイ。💦

 

特に、英語と国語と数学は

 

大変だと思います。

 

これで

 

実戦力と本番体力が

 

メキメキ付きまくる。

 

 

さらに

 

塾長の記述問題と作文の

 

採点基準が厳しい。

 

 

採点基準が厳しいと言われている

 

水戸一高の採点基準より

 

進プロの採点基準の方が

 

断然厳しいと思う。

 

 

 

なぜなら

 

土曜合格特訓で国語の点数が散々だった

 

昨年度の中3生が

 

県立入試本番で

 

水戸一高の先生方の採点で

 

国語91点!

 

を叩き出したから。

 

ちなみに

 

5科目合計では451点。

 

 

それにも関わらず

 

今日の土曜合格特訓の模試では

 

点数が伸びている生徒が

 

だんだん増えてきた。

 

 

以前の模試に比べて

 

400点オーバー

 

450点オーバー

 

 

一気に増えてきた。増えてきた。

 

 

 

今回470点を越える生徒も出てきたから

 

480点を越える日も近いだろうな。

 

 

 

 

9月末から実行している

 

「進プロ改革」では

 

 

自分で考えた内容を

 

自分から能動的に

 

自分の力で

 

解き進める。

 

 

「進プロ改革」では

 

塾の雰囲気を

 

一気に超絶楽しく♫

 

しただけでなく

 

中身も大きく変えた。

 

 

やらされる勉強

 

から

 

自ら積極的にやる勉強

 

へ。

 

 

なぜなら

 

その方が断然伸びるから、

 

だ。

 

 

 具体的には

 

英語の自由英作文や国語の記述や作文も

 

自分から進んで解いて

 

LINEに写メで送ったり

 

直接塾長の所に持って行って

 

どんどん添削を受ける。

 

 

その書き直しも

 

自分で行い

 

再度

 

塾長にLINE等で見せる。

 

 

 

分からない問題も同様に

 

自分から

 

LINEに質問を送ったり

 

直接塾長に聞きに行って

 

すぐに解決する。

 

 

 

すなわち

 

端的に言うと

 

 

進プロ

 

 

進プロの成績アップシステムを

 

積極的に利用して

 

「自分の力で」

 

点数を伸ばしている生徒が

 

一気に増殖した

 

ということ。

 

 

 

僕は

 

とある県の最大手進学塾

 

(毎年県立トップ高に200名以上合格者を出す40校舎あるチェーン塾)

 

 

校舎責任者・エリアマネージャーを歴任したけど

 

生徒1人1人に対して

 

休日も削ってまで

 

こんな超絶面倒くさいことは

 

決してやらなかったよね。

 

(それ以上に、社長から降りてくる生徒数目標・売上げ目標・オプション特訓受講目標・夏期冬期講習・お盆正月特訓・入試直前特訓の受講勧誘&面談の嵐に躍起だった。

 

毎月毎月のノルマが超絶キツ過ぎて、正直それどころじゃなかったよなー。

 

まあ、4年間ダントツNo.1だったけど笑)

 

 

 

実は

 

ウチの塾は

 

塾長が経営者だから

 

 

正直言えば

 

ウチの塾が

 

「進プロ」だから

 

 

これが

 

すべて可能なんです。(^_-)-☆

 

 (ちょこっと宣伝が入った💛)

 

 

 

でも

 

まだまだ

 

これからだよ。

 

 

進プロ改革の

 

「本当の効果」

 

 

遺憾なく発揮されるのは。

 

 

 

 

 

進プロ生たちよ。

 

己の

 

自学力

 

能動力

 

 

さらに磨きを掛けて

 

 

前に

 

どんどん突き進め!

 

 

それが

 

自分だけの

 

サクセスロード

 

だっ!