水戸の塾『水戸一高・県立上位高・茨大附属中』合格専門 進学塾プロフェッショナル

徹底的に厳しく・楽しく🎵 未来のプロを育てるために 愛する生徒たちとの格闘の日々を綴っています❗

並みじゃない伝統の強さ。

今日は

 

水戸二高の高2生が

 

自学に来ていたので

 

 

早速、

 

中3生たちに高校の話をしてくれた。

 

(Mさんありがとう!)

 

 

高校でも中学と同じ部活に入って

 

勉強と両立している生徒だから

 

みんなも非常に参考になったはずだ。

 

 

さらに

 

彼女は

 

中学では学年3位!を取り、

 

私立入試でも

 

水城SZの合格も勝ち取った生徒だから

 

みんなも羨望の眼差しで見ていたね。

 

 

え?

 

SZ受かったの?

 

 

じゃあ

 

一高じゃないの?

 

 

 

なんで

 

二高なの?

 

 

そう思った人もいるはずだ。

 

 

 

進プロでは

 

最終的に生徒が受ける高校を

 

特別、誘導するようなことはしない。

 

 

 

実際に

 

その高校に通うのは

 

生徒本人なんだ。

 

 

だからこそ

 

生徒自身が

 

一番行きたい高校を受ける。

 

 

生徒自身が

 

受けたい高校を決めるんだよ。

 

 

それが

 

結局はベストだと思っている。

 

 

特に

 

進学塾は

 

生徒が行きたい高校に進学する為に

 

存在しているんだから。

 

 

そうやって

 

彼女は自分が決めた高校に進んだ。

 

 

 

中3受験生のときの

 

あれだけ頑張ってくれた生徒だから

 

大学受験でも

 

この経験を存分に活かして

 

志望している国立大学の合格も

 

しっかりと決めてくれるはずだ。

 

 

 

ここ最近は

 

中3生たちに

 

ちょいちょい

 

進プロの先輩たちが

 

本当にタメになる話をしてくれている。

 

 

本当にありがたいよね。

 

 

学校説明会では

 

一切聞けないような

 

実体験に基づく

 

本音の話だから。

 

 

 

それも

 

現役の高校生の話だし。

 

 

みんなは

 

ここで

 

意識がガツン!

 

と入ったのなら

 

気持ちが冷めないうちに

 

受験勉強に邁進しよう!

 

 

僕らには

 

先輩たちから脈々と受け継がれてきた

 

伝統があるんだよ。

 

 

 

キミたちはもう知っていると思うけれど

 

ウチらの塾の伝統は

 

並みの伝統じゃございませんよ。😎

 

 

 

キミも

 

進プロ生の伝統を

 

遺憾なく発揮して

 

入試本番では

 

会心の一撃を叩き出すんだ。

 

 

 

みんな

 

伝統の強みを活かして

 

思いっきり

 

やったろうぜ。

 

 

 

ぶちかませ❗

 

進プロ魂🔥

 

を。