水戸の進学塾『水戸一高・県立上位高・茨大附属中』合格専門 進学塾プロフェッショナル

徹底的に厳しく・楽しく🎵 未来のプロを育てるために 愛する生徒たちとの格闘の日々を綴っています❗

準備とは『勉強量を稼いでおく』こと。

塾業界で

 

良く使われている言葉で

 

定期テスト「準備」

 

受験「準備」

 

という表現がある。

 

 

塾のチラシやホームページで

 

そういった表現を

 

見たことや聞いたことがある人も

 

中にはいると思う。

 

 

じゃあ

 

その「準備」という表現の意味は

 

一体何なのか?

 

 

 

具体的に言うと

 

事前に 

 

「先取りや復習をやっておく」

 

といった意味になる。

 

 

ただ

 

さらに言えば

 

事前に

 

『勉強量を目一杯稼いでおく』

 

という表現の方が

 

ズバッと

 

核心を突いていると思う。

 

 

勉強は

 

テスト範囲表が出た後や

 

入試前の秋や冬といった

 

切羽詰まる時期に差し掛かる前に

 

『どれだけ勉強量を稼いでおくか?』

 

 

あらかた勝負は見えてしまう

 

という部分が

 

非常に非常に大きい。

 

 

生徒や保護者の方々が思っている以上に

 

テストや受験を生業にしている

 

僕らプロの塾講師は

 

その厳しい現実を

 

痛いくらい知っているんです。

 

(特に、トップ校・上位校合格や学年トップ・学年上位を狙いたいという場合は。)

 

 

 

 

 

その想いが

 

テスト「準備」

 

受験「準備」

 

という表現に込められていると思って

 

ある程度間違いないと思います。